秀英予備校のトップ教師・講師陣による臨場感あふれる映像授業!|中学生・高校生向け授業対策・定期テスト対策/受験対策

Neo-Study

全国1,000以上の学習塾の教室で導入実績のある
中学生・高校生対象の秀英予備校の映像学習システム

高校講座

HOME > 高校講座 > 高3講座

高1・2講座
高3講座

高3講座 コース紹介

目的別コース紹介

教科別コース紹介

高3講座コース紹介 国語

◆現代文のポイント

国公立大学では「記述式」、私立大学では「客観式」というのが、入試においての出題傾向の特質であることは誰もが理解し ていることと思います。では、その「解法」にだけ目を向けて学習を行えば事足りるのかと言えば、それは誤りです。大学入試 でみなさんに求められる「学力」は、複雑・難解に構成されている論理に対して仮説を立てたり、相対化したりすることで、筆 者の言わんとするところを正確に分析できる「論理把握力」であり、設問を解くための「解法」は、「学力」があることによって 初めて利用価値が生まれるものなのです。「解法は学んだけれど得点にならない」といった遠回りの学習ではなく、難解な文 章に筋を通せる、揺るぎない「読解の方法」を会得し、合格への「最短距離」を歩みましょう。

◆古文のポイント

古文で出題される出典には、『源氏物語』や『徒然草』などの平安・鎌倉時代を代表する有名作品が依然として大多数を占め る一方で、本居宣長・上田秋成などによる江戸期の評論や小説といった作品も、数多く出題されています。ただ、いずれの場 合にも共通しているのは、古文法や単語・文学史などの基礎知識を背景にして、いかに「古語」という言語の情報処理を行い、 文章に記されている筆者の思想や、物語の主題を捉えられるかといった「読解力」が求められているという点です。「古文」が 大学入試で出題され続ける意図は、受験生の「文学的素養」を問うわけでも、単なる暗記量を問うわけでもなく、「古語」を現 代語や英語と同じように、一つの「言語」として処理・解析できる能力の有無を問われているのだと理解してください。そうし ておかないと、古文の学習は、単なる暗記や逐語訳といった狭い視野から抜け出せません。一文一文を凝視し、さらに文章全 体を高みから見下ろすことができる、正しい「視点」を錬成していきます。

  コース シリーズ 講座名 レベル 受講時期(目安)
1 入試国語コース 分野・レべル別 シリーズ 難関大古文 - 前期
2 後期
3 入試現代文 応用・標準 前期
4 後期
5 入試古文 応用 前期
6 後期
7 標準 前期
8 後期
9 センター試験 対策シリーズ センター総合国語 応用・標準 前期
10 後期

高3講座 コース紹介

目的別コース紹介

教科別コース紹介

ページの先頭へ